2015年8月分家計簿診断

2015.09.02

それでは2015年8月分の家計簿を診断してみたいと思います。家計簿を載せるのは初めてですので、今回のみ詳しく費用を説明します。

項目
2015年8月
給与226,708
収入計226,708
住居費(住宅ローン)73,000
教育費(保育料)37,680
食費53,115
電気料6,341
水道料6,165
ガス料5,225
通信費14,867
交通費18,905
交際費50,306
その他40,304
固定資産税28,000
生活必需品718
投資信託20,000
書籍類1,663
ジム7,065
手数料324
清算△ 110,000
支出計253,678
収支△ 26,970

収入 226,708円


今月の収入は給与のみとなっております。ちなみに超勤手当は別途計上しますので、今月は超過勤務がなかったということです。共働きゆえに超過勤務は難しいので、大変ありがたいことだと思います。
ただ、どうなんでしょうか。齢35にして手取り収入がこれって。
ま、仕事あるだけいいとしますか。

支出 253,678円


今月は、支出が多い月となりました。詳細を見てみましょう。

住居費(住宅ローン)73,000円

ご他聞にもれず、35年ローンを組んでしまったわけです。賃貸時代とそれほど金額に差はありません。住宅ローンについては、機会があれば詳しい記事を掲載したいと思います。


教育費(保育料)37,680円

保育料、高いですよね。各自治体によって金額に違いはあるかと思いますが、まぁ高い。私の場合は世帯年収が1,000万円を超えていることもあり、かなり高額です。今年こそ娘が3歳に到達したのでこの金額ですが、昨年度までは54,000円ほど払っていました。


食費53,115円

なるべく自炊を心掛けていますが、忙しいときなどは外食や惣菜で済ませてしまうこともあります。


電気料6,341円、水道料6,165円、ガス代5,225円、通信費14,867円、交通費18,905円

インフラ関係の支出です。住んでいる地域ではクーラーは必要ないので電気料はかなり安いのではないでしょうか?通信費はインターネット代と携帯電話代の合計額です。交通費は保育園の送迎に使用している月極駐車場代8,805円と通勤費の合計額です。
ごく普通の支出額ですね。


交際費50,306円

ごめんなさい。最初に謝ります(笑)
交際費とはいわゆる「飲み代」です。
先月は会社とプライベートで結構飲みに行ってしまいました。夏本番でしたから、という言い訳です。

その他40,304円、固定資産税28,000円

この2つが今月の特別出費です。その他のうち、35,000円は除雪費です。除雪費って何?と思われる方が大半だと思います。これは戸建住宅の人が業者と契約を結んで家の前の雪を排雪してもらうサービスなんです。契約期間は今回の冬季間で年一回の出費でございます。

生活必需品718円

安っ!シャンプーでも買ったのかな?覚えてません。

投資信託20,000円

基本方針に記載したとおり、確定拠出型年金に投資をするのですが、その制度を知ったのはつい先月。これまでは毎月先進国インデックスファンドと新興国インデックスファンドに1万円ずつNISA枠で投資しておりました。確定拠出型年金に移行したのち、この積立分は一度売却をして米国株に割り当てるつもりです。

書籍類1,663円、ジム7,065円

この2つは完全に自分の趣味です。今後読んで面白かった本は紹介していこうかと思っています。ちなみに読むジャンルはほとんど政治経済歴史系のノンフィクションです。
ジムについては、子育てが忙しいこともあり今月で休止扱いとしましたので、来月以降は出費しない予定です。

手数料324円

銀行の手数料ですね。利息がごくわずかなのに手数料取りすぎ(笑)自分が米国株を始めようとした理由の一つです。

清算△110,000円

「家計管理について」の記事で紹介したとおり、我が家は共働きなので、月に一度清算を行って掛かった費用を申告相殺しあうようにしています。基本的に必要経緯は私が払っておりますが、娘の被服費など一部を妻が購入していますのでこのような費目出てくるのです。マイナスの費用ですので、妻から110,000円を頂いている恰好です。

収支 △26,970円


今月は見事に赤字でございます。その要因は次の3つですね。
  • 除雪費35,000円
  • 固定資産税28,000円
  • 交際費50,306円
除雪費と固定資産税は必要経費ですので仕方がありません。問題は交際費・・・

「酒は飲んでも飲まれるな」

以上家計簿診断でした。


スポンサードリンク
スポンサードリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿