基本方針

投資に関する基本方針をここに記載します。

基本方針

確定拠出年金と米国株(ETF含む)への投資を継続的に行い、年金原資の大部分を確保する。

目標

60歳到達時に1億円の金融資産を構築する。これにより2039年には事実上崩壊している公的年金の穴埋めを行い、豊かで穏やかな老後生活を送る。また、実子への適度な相続を行う。

戦略

  1. 個人型確定拠出年金へ限度額全額を拠出する(23,000円/月)。
  2. 必要最小限の流動資金を確保した上で、米国株(ETF含む)へ投資する。
  3. 株式以外への資産配分は行わない。
  4. 保持した金融資産は60歳到達時までは絶対に売却しない
  5. 配当金は全て再投資する。

ただし、不測の事態が生じ流動資金が枯渇する場合には、個人型確定拠出年金の拠出額の減少及び金融資産を売却することもある。

戦術

  1. 個人型確定拠出年金は、信託手数料の低い先進国株式インデックスをメインに、一部を新興国株式インデックスへ拠出する。
  2. 個別米国株は、自分でも理解できる事業を実施している企業へ投資する。
  3. 個別米国株は、今後100年単位で事業を継続できる企業へ投資する。
  4. 個別米国株は、継続的に増配している企業へ投資する。
  5. 個別米国株は、高配当企業へ投資する(3.0%程度)。
  6. 個別米国株は、管理できる範囲でリスク分散を行うため、5社から10社程度に抑える。
  7. 個別米国株のセクター割合は考慮しない。

・・・と偉そうに策定しましたが、果たしてこれを維持できるのか、大いなる不安が残ります。

(2015年9月1日策定)

地味にコツコツと
応援よろしくお願いします
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

スポンサードリンク
スポンサードリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿