2015年9月分家計簿診断

2015.10.05

それでは2015年9月分の家計簿を診断してみたいと思います。


項目
2015年9月
給与226,818
雑収入12,200
収入計239,018
住居費(住宅ローン)73,000
教育費(保育料)37,680
食費57,177
電気料7,032
ガス料4,374
通信費9,438
交通費31,478
交際費36,415
生活必需品11,162
投資信託20,000
書籍類9,322
美容室3,700
清算△ 97,000
支出計203,778
収支35,240

収入 239,018円


今月は給与以外に、雑収入を12,200円計上しています。これは、手持ちのゲームソフトを売却してものです。

支出 203,778円


今月は、支出が少ない月でした。詳細を見てみましょう。

住居費(住宅ローン)73,000円

あと33年ちょっとの長期ローンでございます。ホントに返せるのか・・・

教育費(保育料)37,680円

世帯収入で計算するとかなりの高額所得者になりますから、この金額もやむを得ないですね。

食費57,177円

外食を利用する機会が多かったので、結構かかりました。

電気料7,032円、ガス代4,374円、通信費9,438円、交通費31,478円

交通費が、ガソリン代と月極駐車場、通勤費で結構かかっています。

交際費36,415円

先月の5万円オーバーに比べるとかなり穏やか数字に・・・なんとか3万円以内に抑えたいものです。

生活必需品11,162円

シャンプーと洗剤もバカにならないものです。

投資信託20,000円

基本方針に記載したとおり、確定拠出型年金に投資をするのですが、その制度を知ったのはつい先月。これまでは毎月先進国インデックスファンドと新興国インデックスファンドに1万円ずつNISA枠で投資しておりました。確定拠出型年金に移行したのち、この積立分は一度売却をして米国株に割り当てるつもりです。

書籍類9,322円

趣味が読書なので、毎月それなりの出費となります。

清算△97,000円

「家計管理について」の記事で紹介したとおり、我が家は共働きなので、月に一度清算を行って掛かった費用を申告相殺しあうようにしています。基本的に必要経緯は私が払っておりますが、娘の被服費など一部を妻が購入していますのでこのような費目出てくるのです。マイナスの費用ですので、妻から97,000円を頂いている恰好です。

収支 35,240円


今月は黒字でございます。

投資信託の2万円も貯蓄と考えると、55,240÷239,018=0.23

貯蓄率は23%となりました。

かなり優秀・・・
スポンサードリンク
スポンサードリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿