【ドル円相場】1ドル90~95円程度が妥当ではないか

2016.8.18

私は金融のど素人です。したがって、本稿はドル円の相場を語るものですが、その点割り引いてお読み下さい・・・

2016年8月17日時点でドル円相場は1ドル100.31円となっています。2015年6月5日に1ドル125.86円をつけたことを考えると随分円高が進んだように感じます。

米国株の個人投資家にとって、株価や配当金がどうなるかはとても重要ですが、それ以上に気を揉むのはドル円相場ではないでしょうか?

私には為替相場を読むことはできないし、ベストのタイミングでドル転できる能力も持ち合わせていません。しかし、為替相場は購買力平価と密接な関係があると思っています(あくまでも素人の考えですよ!)。

購買力平価とは?

購買力平価(説)は一般的に次のとおり定義されております。

長期にわたる為替レートの決定理論で、スウェーデンの経済学者カッセル氏によって提唱されました。購買力平価説には、絶対的購買力平価説と相対的購買力平価説があり、前者の絶対的購買力平価説は、為替レートは2国間の通貨の購買力によって決定されるという説です。具体的には、例えばアメリカでは1ドルで買えるハンバーガーが日本では100円で買えるとするとき、1ドルと100円では同じものが買える(つまり1ドルと100円の購買力は等しい)ので、為替レートは1ドル=100円が妥当だという考え方です。しかし、この説が成立するにはすべての財やサービスが自由に貿易されなければなりませんから、厳密には成り立たないことになります。一方、後者の相対的購買力平価説は、為替レートは2国間の物価上昇率の比で決定されるという説です。具体的には、ある国の物価上昇率が他の国より相対的に高い場合、その国の通貨価値は減価するため、為替レートは下落するという考え方です。しかしながら、この説もすべての財やサービスが同じ割合で変動することを前提としているため、厳密には成り立たないことになります。

出典:SMBC日興証券 初めてでもわかりやすい用語集

絶対的とか相対的とか、そのような違いは経済学者に議論してもらうとして、おおまかに言って「どこの国でもビッグマックの価値は同じですよ。どこかの国でビッグマックが安ければ、それを輸出して儲けちゃうよね。でもそんな美味しい話しはないよね」ということだと思います。

直感でもこの理屈は正しいと感じるのではないでしょうか。

ドル円購買力平価の推移

したがって、ドル円の為替相場がどの水準にあれば適正と言えるのか、その答えはドル円購買力平価を見ればよいことになります。

上の図は1973年を基準としたドル円購買力平価の推移表です(出典:公益財団法人国際通貨研究所)。

見辛いと思いますが、青グラフがドル円相場、赤グラフが消費者購買力平価、緑グラフが企業購買力平価です。

グラフを見てわかるとおり、ドル円相場は消費者購買力平価を上限として、企業購買力平価のやや下方のレンジ内で動いています。

ドル円相場が消費者購買力平価を上回ったのは過去2回だけ。具体的には、1982年の米国景気後退による利下げ局面と1985年のプラザ合意によるドル高是正局面のみです。

購買力平価から見たドル円相場の適正値

これらを踏まえると、2015年6月5日の1ドル125.86円という数字が行き過ぎた円安だったことがわかります。

先ほど述べたとおり、ドル円相場が企業購買力平価の下方にペッグしていることを踏まえると、現時点でのドル円相場は1ドル90~95円程度が適正値と言えるのではないでしょうか。

購買力平価の注意点

ここで注意したいのは、現在の適正値が1ドル90~95円だとしても、マーケットはその理屈どおりには動かない点です。短期・中期的には為替に影響を与える要素は無数にあり、それらを予想することは不可能だと思うのです。したがって、今後急激に円高や円安に振れる可能性は十二分にあるし、それらがかなり長期にわたって続くことも充分に考えられると思います。

米国株の長期投資家が取るべきスタンス

購買力平価によるドル円相場は「現在」という時間軸でしか見通せません。つまり、今後のドル円相場がどうなるかは日本の購買力平価が米国のそれに比べてどうなるか、を予想するに等しいことだと思います。

その予想自体とても難しく、個人的には意味のないことだと思います。

したがって、長期投資家はいちいちドル円相場を気にすることなく、米国株を購入できる資金があれば迷わず買い付けていけば良いと思います。タイミングを見計らっていては、もらえる配当金をみすみす取り逃すことになりますよね。

また、常々感じるのは、経済アナリストや為替ディーラーが語る為替相場ほどいい加減なものはない、ということです。彼らの為替相場予想は、競馬の予想屋と大して変わりありません。

以上、素人による相場語りでした。

地味にコツコツと
応援よろしくお願いします

地味にコツコツと
応援よろしくお願いします
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

スポンサードリンク
スポンサードリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿