【ビジネスハック】部下の心を鷲掴みにするたったひとつの方法

2016.8.08

今日も暑いです。明日も暑いです。今週はずっと暑いのです。そんな暑い夏に部下の心を鷲掴みにするたったひとつの方法があるのです。

上司も大変

私事ですが、4月に係長になりまして少ないながらも部下ができました。今までは他人に気をつかうこともなく、自由気ままに仕事をしていましたが、部下がいる手前自由に発言もできません。

また、部下が仕事のミスをすれば立場上注意することもあり、人心掌握に腐心しております(本音を言えば、そんな細けぇことでいちいち注意もしたくないですが・・・)。

部下をもつナイスミドルな方であれば同じような悩みを持っていると思います。そんな悩める貴方のために、とっておきの人心掌握術を教えます。

ズバリ

その方法とは、ズバリガリガリ君です。

そうです、冷たいガリガリ君の差し入れなのです。

ガリガリ君で人の心が釣れるかって?

何をおっしゃいますか。ガリガリ君こそ最強の人心掌握術なのです。

ハーゲンダッツではダメな理由

差し入れにアイスであれば、ハーゲンダッツだろう、というのは極めてナンセンス。よく考えて下さい。ハーゲンダッツは300円近い非常に高価なアイスです。そんなものを差し入れれば「係長は私達とは違う立場。ハーゲンダッツも買えるほど給料も高いのね」というあらぬ誤解を受けるのです。

童心に帰る

また、ハーゲンダッツを差し入れれば、高級なアイスを食べるという緊張感から、リラックスができないのです。

その点ガリガリ君は、皆が子供時代に食べた庶民の味であり、上司も部下も共に童心に帰ることができるのです。

最良のコストパフォーマンス

そしてガリガリ君を差し入れる最大のメリットは、75円という金額で人の心を掴めるコストパフォーマンスの良さにあるのです。

今の時代、部下が上司とお酒なんぞ飲みたくないのです。上司も部下を居酒屋に連れて行けるほどには小遣いをもらっていないのです。

不味い居酒屋でケチケチ部下におごるくらいであれば、ガリガリ君を10回差し入れた方がずっと良い関係を築けるのです。

まとめ

係長・課長の皆さん、明日早速ガリガリ君を差し入れましょう。

部長はガリガリ君を差し入れてはいけないですよ。平社員にとって部長は手の届かない存在であり、神の如き存在。ガリガリ君なんぞ差し入れた日には「ケチ部長」というアダ名がつくこと待ったなし。

部長こそは大きく構えてハーゲンダッツを差し入れてください。

地味にコツコツと
応援よろしくお願いします
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサードリンク
スポンサードリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿