【投資信託】ニッセイインデックスファンドシリーズが信託報酬率を引き下げ!

2016.10.25

巷話題になっていますので、今さら感は否めませんが、ニッセイインデックスファンドシリーズが信託報酬率を引き下げます。


ファンド名変更前変更後
ニッセイTOPIXインデックスファンド0.290%0.180%
ニッセイJPX日経400インデックスファンド0.310%0.195%
ニッセイ国内債券インデックスファンド0.150%0.145%
ニッセイ外国株式インデックスファンド 0.240%0.20%
ニッセイ外国債券インデックスファンド0.200%0.170%
ニッセイJ リートインデックスファンド0.335%0.250%
ニッセイグローバルリートインデックスファンド0.450%0.270%
※信託報酬率は税抜き

このシリーズ、元々の信託報酬率が非常に低く、以前から人気のあるファンドです。

その中でも先進国を対象としたニッセイ外国株式インデックスファンドは、本シリーズの主力商品です。

個人的にも、私は確定拠出年金とジュニアNISAで、ニッセイ外国株式インデックスファンドを定期的に買い付けております。

ここ最近、非常に低コストのたわらノーロード先進国株式iFree外国株式インデックスが登場し、先進国ファンドは乱戦の様相を呈しています。

インデックスファンドは2つの基準を比較して選ぼう

ここまで低コスト化が進むと、信託報酬率の差によるパフォーマンスの優劣はほとんどなく、ファンド選びは、インデックスとの乖離及び純資産総額の差の2つを基準にすることが大事だと思います。

買って満足するのではなく、定期的にこの2つの指標をチェックすることも重要ですね。

地味にコツコツと
応援よろしくお願いします
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

スポンサードリンク
スポンサードリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿