無能でおバカな経営者でも永続する企業に投資した方がいいと思います

2016.12.06

当たり前の話しですが、人はいつか死にます。そうでなくとも、90歳を超えて大企業のCEOは務まりません。

スターバックスのシュルツCEOが退任するそうで、アマゾンのジェフ・ベゾスだって、ポックリいくかもしれませんし、まさか90歳までCEOはやらないでしょう。


そのような観点では、カリスマ経営者がいる会社って結構リスクが高いのではないでしょうか?

そんな風に考えると、自分の投資している会社の社長名なんて知らないぐらいの方がいいのかもしれません。

むしろ、私のような無能で怠惰な人間がCEOやっていても、平常運転が出来るぐらいビジネスが確立している企業に投資した方がいいんだと思います。

有能な怠け者は司令官に、有能な働き者は参謀にせよ。

無能な怠け者は、連絡将校か下級兵士にすべし。

無能な働き者は、すぐに銃殺刑に処せ。

-ハンス・フォン・ゼークトー 第一次大戦期のドイツ軍人-

経営者なんて、神輿に担がれるバカ殿ぐらいでちょうどいいのかも、と思う今日この頃です。

地味にコツコツと
応援よろしくお願いします
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサードリンク
スポンサードリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿