株式投資で成功するためにはたった一つの能力があればいい!【高IQも高度な財務分析能力もいらない】

2017.02.07

お前は突然何を言っているんだ?と思われるかもしれません。

しかし、私はあなたの人生の科学という本を読んで、株式投資で成功するには、たった一つの能力さえあればいい、と確信したのです。

あなたの人生の科学

本題に入る前に、あなたの人生の科学について、簡単に紹介します。

『あなたの人生の科学(上) ~誕生・成長・出会い~ 』 著:デイヴィッド・ブルックス

私の拙い説明よりも、巻末のあらすじを紹介しましょう。

脳科学や発達心理学の発展により、無意識の選択が人生に大きな影響を及ぼすことが明らかになりつつある。本書はある架空の男女の一生をたどり、私たちの意思決定のしくみを先端研究の成果と豊富なエピソードとともに解明する。人づきあいの上手なハロルドと上昇志向の強いエリカはどんな人生を歩むのか?《ニューヨークタイムズ》の人気コラムニストによる、従来の人間観を覆すノンフィクション。『人生の科学』改題。

あらすじからも分かるとおり、この本には、株式投資のメソッドはほとんど書かれていません。

どちらかと言えば、行動経済学や人の深層真理、意思決定の流れに重きを置いて、人間というものを科学している本です。

あなたの銘柄選定に感情はないのか?

要はこの本、あなたの意志決定において、直感がほとんどを決定しており、理性よりも感情が優先されていることを書いています。

その上で。

自分が購入する銘柄について、一切の感情を排して財務分析や業界予測をしているのか?そして、保有している銘柄を、冷徹な財務分析や今後の見通しによって売却しているのか?ということなんです。

確かに財務分析や業界予測ぐらいはするでしょう。財務に明るい人であれば、FCF比率や利益率や複雑な財務分析をするんだとは思います。

しかし、そのような分析をしている時点で、或いは分析をしようと銘柄を選んでいる時点で、その銘柄に対して深く感情移入しているのです。

皆さん経験があると思いますが、ある銘柄について知れば知るほど、その銘柄に惚れこむことはありませんか?逆に、業績が悪く売却しようと思うと、その銘柄への嫌悪感や悪い材料ばかり見つけてこようとしていませんか?

そう、私達は自分が思うほど合理的ではないのです。

IQと知性

株式投資には、高いIQが必要だと言う人がいます。しかし、IQが高いからといって、知性的な判断ができるとは限りません。

例えば、この本にはこんな一節が出来てきます。

仕事の業績の大きさは人によって違うが、その違いのうち、IQの高さとの相関が確認できるのは全体の四パーセント程度である。

中略

IQと人生の成功との間には、ごく弱い相関関係しか見られないことは間違いない。

また、こんな一節も。

投資家と呼ばれる人たちは、その多くが非常に知能が高い人たちである。だが、彼らは時折、自滅的な行動を取ることがある。多くの場合、それは自らの知能に対する過信からの行動である。

中略

彼らよりずっと愚かなはずの人たちが、何もせず、ただ投資信託を持ち続けるだけで大儲けしたのに、賢い彼らは大損したわけだ。

そう、IQと知性にはあまり関係がないのです。

成功を決める条件

そして、この本には成功を収めるための秘訣として、子どもの楽器演奏上達の秘訣を引き合いに出しています。

まず、IQと楽器の上達度合いにはあまり相関関係はないことがわかった。聴覚の鋭さとも、数学の能力とも、家庭の収入の多寡とも、リズム感とも相関関係は薄いようだった。上達度合いと最も相関関係が高かったのが、子どもたちがまだ楽器も選んでいない段階でマクファーソンがした質問への答えだった。

「今から習う楽器、どのくらい続けたいと思う?」という質問である。

「そんなに長く続ける気はない」と答えた子はあまり上達しなかった。「何年かは続けたい」と答えた子は、少し上達した。しかし、中には、「自分は音楽家になりたい。今から習う楽器は一生続ける」という意味のことを答えた子も何人かいて、その子たちはみるみるうちに上達していった。

中略

将来の自分をどうしたいか、という「ビジョン」を持っていた子が向上したということである。

また、CEOの成功にどんな要素が必要であるか、についても分析しています。

コリンズによれば、最高のCEOには、「いかにもビジョナリー」という感じの派手な人物は少ないという。多くは、あまり前に出たがらない控えめな人で、勤勉で、意志が固い。本当に良いと思ったことであれば、たとえすぐにうまくいかなかったとしても、何度も何度も繰り返し挑戦する粘り強さがある。常に熱心な姿勢で仕事に取り組んでいて、やる気が起きるまでに時間がかかるということもない。規律と効率を重んじる。

中略

外向性や、他人との同調性、新しいことを受け入れる寛容性などは、CEOの成功とはあまり強く結びついていないということだ。それよりも大切なのは、感情が安定していて、誠実で、信頼できるということである。また、計画を立ててそれを完遂する力も必要になる。

株式投資で成功するための能力

以上、人が非合理的な選択をしがちであることや人生で成功する秘訣を述べてきました。

これらを総合して勘案すると、株式投資で成功するために必要な能力は次のたった一つに集約できると言えます。

それは、株式投資を通じてお金持ち(資産家)になるという強い意志を持ち続けることです。

この強い意志さえあれば、そのためのメソッドは自然と出てくるのだと思います。

インデックス投資が良いのか、いやいや連続増配株を個別に買うのがいいのか、という議論はナンセンス。

強い意志があり、それを実行し続けられるのなら、インデックス投資でも個別株投資でも株式投資に成功するのだと思います。

まとめ

私は確定拠出年金でインデックスファンドを購入し、永続する可能性の高い米国企業の個別株を買うことで、1億円を貯めることを基本方針としています。

会社で隠れキリシタン扱いされても、その方針は変えないのです。

・・・ということで、この本はお薦めですよ。

地味にコツコツと
応援よろしくお願いします
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

スポンサードリンク
スポンサードリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿