【VIG】バンガード米国増配株式ETFを1株購入-長期投資家には株安も円高も関係無し!!-

2017.03.22

昨日の会社の飲み会で二日酔い気味のぴょんきち大佐です(ホワイト企業なので、本日は有給でございます)。

さて、21日の米国株式市場は久しぶりの大幅安となりましたね。

S&P500は前日比1.2%下げて2344.02で終了。ダウ工業平均は1.1%安の20668.01ドルで終えました。

1%以上の下げは、110営業日ぶりで一息つけた感じです。

また、円高も進み、22日9時現在111.55円/ドルで取引されています。

長期投資を前提にしていると、下げ相場はウェルカム。この辺りは短期トレードに比べると、心理的な強みがありますね。

VIGを1株購入

3月はXOM、JNJ、MCDから配当金が入り、タネ銭がちょっとだけ貯まったので、恒例である、はした金で海外ETFを買い付けちゃおう作戦を実行しました。

そんなわけで、VIGを90.76ドル/株で1株購入。

また、米国株保有銘柄のページを更新しております。

ちなみに、SBI証券と楽天証券は、NISA枠に限り海外ETF買付手数料が恒久的に無料なので、こんなことが可能なのであります。

インデックス投資家も立派な投資家

最近Twitter界隈で、インデックス投資家は投資家なのか?という話題がちょっとした議論になっています。

私は、リスク資産に1円でも投資している以上は、インデックスであろうが、個別株投資であろうが、等しく投資家だと思っています。

そもそも、預貯金しか持っていない非投資家だって、為替変動リスクのある資産を保有しているのだから、広義には投資家と言っても過言ではないのです。

だから、リスク資産を300万円程度しか持っていない私だって、立派な投資家なのであります。

むしろ心の中では、ぴょんきち大佐アセットマネジメントサービス、頭文字を取って、パムス(PAMS)という資産運用会社を経営しているぐらいの気概なのです。

まとめ

夏のボーナス時期に調整局面に入らないかと、非常に都合の良い期待をしている昨今。

世の中そんなうまい話しもないので、タネ銭ができれば即投資を旨としている投資家のぴょんきち大佐でした。

地味にコツコツと
応援よろしくお願いします
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

スポンサードリンク
スポンサードリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿